医療法人永世会 谷口眼科

医療法人永世会 谷口眼科

患者様にやさしい、開かれた眼科医療をご提供いたします。
手術・レーザー治療を柱とした、高度な眼科医療をご提供いたします。

TANIGUCHI EYE CENTER

老眼治療について

物を見ようとするときは、眼の中の毛様体という筋肉がレンズ(水晶体)の厚みを調整して遠くや近くにピントを合わせます。この機能を調節といいます。
年齢とともに毛様体の筋力が弱くなったり、水晶体が弾力性を失って固くなるために、この調節力が衰えてくることが「老眼」です。一般的に、40歳ころから始まり60歳くらいで進行が止まるといわれています。

近視の方は老眼にならないと思っている方がよくいらっしゃいますが、老眼とは全ての方に起こる加齢現象ですので、近視の方も老眼になります。
近視はもともと近くにピントが合う眼なので、老眼になってもコンタクトや眼鏡をはずして裸眼で見ると近くが見えます。しかし、コンタクトや眼鏡で遠くにピントを合わせて、近くにピントが合わず見えにくくなれば老眼です。

老眼の初期症状

  • 本や新聞を遠くに離して読んでしまう。
  • 朝は新聞の字が見えるが、夕方になると見えにくくなる。
  • 読書後に肩こりや疲れ目、頭痛などの症状が出る。
  • すぐに疲れるために長時間読書ができない。

老眼の初期症状

老眼の矯正

最も一般的な老眼の矯正方法は老眼鏡です。
一度老眼鏡をかけてしまうとどんどん悪くなるということはありません。眼鏡をかけてもかけなくても老眼は進行します。見えにくさを我慢していても、目が疲れてストレスがたまるだけです。自分に合った眼鏡を作成しましょう。また、60歳くらいまでは老眼の進行に合わせて眼鏡を作り替える必要があります。

*コンタクトレンズをしている方(近視の場合)は下記の矯正方法もあります。

  1. 普段は今まで通りコンタクトを使い、手元を見るときのみ老眼鏡を使用する。
  2. コンタクトの度数を下げる(1.2→0.8くらいの見え方にする)。
  3. 遠近両用のコンタクトレンズを使用する。
  4. コンタクトの度数を左右で変え、片方は遠くを、もう一方は近くを見えるようにする。

老眼治療

当院では、様々な老眼治療を取り入れています。治療をご希望される方へは、個々の眼の状態を詳しく調べ、患者様それぞれのライフスタイルをお伺いした上で、最適と思われる治療方法をご提案いたします。

老眼矯正レーシック

【適応】40~55歳くらいの近視、乱視、老眼の方で、老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方

多焦点眼内レンズによる白内障手術(先進医療)

【適応】白内障の症状が出ている方で、老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方

プレミアム多焦点眼内レンズ(レンティス)

【適応】白内障の症状が出ている方で、老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方、乱視の方

Add-On(アドオン)レンズ

【適応】すでに白内障手術を受けられている方で、老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方
(単焦点眼内レンズが入っているが、多焦点眼内レンズにしたい場合)

※いずれも、眼鏡なしで日常生活を送れるように見え方を調整し、遠くも近くも見えるようにすることを目的とした治療方法です。老眼自体は治りません。